残クレ申込み前に確認

残クレは残価設定クレジットの略で、毎月の支払金額を抑えて新車に乗れるマイカーローンです。残価分を差し引いてローンを組むので、新車なのにローン支払額を大幅に抑えられます。

 

残クレはこちらとしては毎月の支払いを抑えて車の購入ができますし、ディーラー側も販売しやすい支払方法なので、最近人気の高まっているマイカーローンです。残クレではローン支払後に必ず車を手放すわけではなく、最終的に残価を一括で支払うか再度クレジットを組んで、そのまま車に乗り続けるのも可能です。こういった自由度の高さも、残クレの人気の理由の1つです。

 

しかし、どんなものにもメリットもあればデメリットもあります。もちろん残クレにもデメリットはあります。残クレで即決する前に、販売店があまり話さない残クレのデメリットについても確認しておきましょう。

 

残クレは何故安い

残クレは毎月の支払額を抑えて新車を購入できます。普通ローン契約を結んで毎月の支払いを抑える場合、支払期間は長くとります。しかし残クレでは、支払期間を短くとりつつ支払額を抑えます。

 

マイカーローンを組む時には、通常車両本体価格から頭金を差し引いた分でローンを組みます。しかし残クレでは、ローン支払後の残価分を差し引いてローンを組みます。残価とは、その時点での車の価値です。例えば300万円の車の3年後の残価が120万円だとすると、残価分を差し引いた180万円でローンを組みます。

 

もしも3年後に車を乗り換えるのであれば、3年後には120万円で買取に出せます。それならばその買取分は先に値引きしておくから差額の180万円だけ払ってくれればいいですよ、というのが、残クレで支払額を抑えられる理由です。

 

どちらにせよ買取には出せるのですが、その価格を後でもらうか先にもらうかの違いです。だから、残クレによって毎月の支払額は抑えられますが、実際にお得になるわけではありません。

 

また、残クレのマイカーローンは車の購入以外には利用ができないので、金融機関のマイカーローンのように免許費用として借りる、車庫の新増設のために借りるといった使い方はできません。

 

 

残クレのデメリットとは

一見メリットだらけに見える残クレですが、デメリットもあります。

 

まず、ローン支払いが終わった時点での車両の状態によっては、ペナルティを支払う可能性があります。車に傷がついている場合や、規定を超えた走行距離走っている場合には、ペナルティが発生します。残価は契約時に保証されますが、それは相場による変動がないというだけで、事故などによる破損についてはペナルティが発生します。

 

そして、結局は買取に出す前提の車なので、自分で所有しているような気楽さはありません。常に借り物のように気を使う人も多いです。残クレで購入したがために、外装や内装を綺麗に保つよう気を使う人もいます。

 

また、残クレで購入したとしても、ローン支払後に車に乗り続ける選択もできます。一見自由度が高いので、乗り続けてもデメリットがないように見えますが、実際には支払総額が高くついてしまう可能性があります。

 

もしもローン支払後に買取に出さずに、再度クレジットを組んで車に乗り続けるとします。残クレの金利は元々車両本体価格全体に対して算出されています。それで再度クレジットを組むのであれば、毎月の支払額が少ないただの長期ローンになってしまいます。当然利息も大きくなるので、支払総額では損をしてしまう可能性があります。

 

そして、残クレは一見選択肢が多く自由度が高い支払方法に見えます。しかし、実際にはローン支払後に選択を迫られてしまいます。例えばローン支払途中で車に乗り換えたくなったとか、もうちょっとしたら子供と出かける機会が増えるからそれまで乗り換えをしたくないとか、そういった事情に関係なく決断の時がきます。買い替えたいタイミングでの乗り換えが難しいという点にも注意が必要です。

 

その点で金融機関で借りるJAの低金利マイカーローンなどであれば車の買い替え時期などの自由となるので、ローンの残額にさえ注意をしておけば車の買い替えもしやすくなります。残クレ型のマイカーローンは数字だけ見て負担が軽いと簡単な判断で利用をすると失敗をしてしまう可能性があるので、利用の際には注意をして借りるようにしましょう。