残クレに向いていない人

残クレにはメリットもデメリットもあります。メリットとして大きいのは、支払額を抑えつつ新車に乗れる点、3~5年程度のスパンで頻繁に乗り換えが可能な点があります。

 

その一方で、車の状態によってはペナルティが付く点、ローン支払後も車に乗り続けるならかえって高くつく点、ローン支払後のタイミングで決断を迫られる点がデメリットとなります。例えば以下のような人には、残クレはお勧めできません。

 

車を長年乗りたいのであれば、残クレは向いていません。ローン支払後にそのまま乗り続けるという選択肢も取れますが、それなら初めから通常のマイカーローンを組むべきでしょう。

 

通勤などの走行距離が長く、月に1,000km以上走るような人も、残クレには向いていません。査定額が下がってしまいます。走行距離や傷を気にして車に乗るのが嫌だという人も向いていません。

 

そして、そもそも新車にこだわりがないという人にとっても、残クレはそれ程の価値をかんじないでしょう。毎月の支払額を抑えて車に乗りたいならば、中古車を購入するという手段があります。ただし中古車を買う際に中古車のマイカーローンを組むとなると負担が増えるため、中古車を購入するとしてもしっかりとした計画が必要となります。

 

残クレには様々なメリットがあります。しかし、だからといって全ての人に向いているとは限らないので、その点には注意が必要です。